競売よりも任意売却【今後のことを考える売却方法をcheck】

不動産

住宅ローンを滞納したら

一軒家

競売にかかる

住宅ローンの返済ができなくなってきて滞納を続けることになると自宅が競売にかかってしまうことがあります。その場合そのまま競売により債務を解消するのか、自分で自宅を売ってしまって債務の解消を図るのか選択をしなければならないことになってきます。誰も好き好んで競売になどかかりたくはないのですが、不況や会社の倒産、会社の業績不振など様々な理由でローンの支払いが困難になる人も多くいます。一般的に競売にかかった時にすんなりと競売で債務を解消するより、任意売却により売却したほうが手元に残るお金が多くなるメリットがあるといわれています。任意売却を行い債務を解消して引っ越し費用も用意して家を手放す人も多くなっていて競売で手に入れた金額より任意売却によって売却したほうがお金が残る可能性が高くなるメリットがあります。

第三者を立てて

競売にかかるとその執行をするのは裁判所になります。裁判所は債権者から競売の申し立てがあれば競売開始通知を債権者に送付します。これで競売の開始が債務者に通知されたことになります。競売が開始されたからと言って任意売却ができなくなるものではありません。任意売却はその家を買う人が決定されるまで行ってもよいことになっています。ですが債権者の同意が必要になってきます。同意を得るために第三者を立てて任意売却の手続きをすることもでき、第三者を立てることで任意売却をすることがスムーズに進むメリットもあります。この第三者として任意売却を行う専門の業者もいます。債権者との間に入りスムーズに話を進めてくれるメリットがあります。