競売よりも任意売却【今後のことを考える売却方法をcheck】

不動産

競売にかかった時

一軒家

費用は債務者もち

競売にかかってしまうとそれにかかった費用も債務者が負担しなければなりません。債権者から競売の申し立てがあると裁判所は競売開始の決定通知を債務者に出し、そのあとで書記官による現地調査があります。競売を申し立てられた人の不動産がどれくらいの価値を持っているかを確かめるためです。それにはほとんどの場合不動産を鑑定できる、不動産鑑定士がついてくることになります。それらの費用もばからしい話ですが債務者が支払いをしなければなりません。一つの競売を申し立てるのに、それが完結するまでにこれらの手数料が、百万円くらいかかると言われています。これらの手数料が競売で売れた代金の中から差し引かれることになっているのです。任意売却を行ってこれらの手数料を出すことなく売却しようとする人が札幌でも多くなっています。

債権者との話し合い

任意売却を行うと競売にかかる手数料が発生しないために多くのお金が手に入ることになります。そのお金で引っ越し費用が捻出できたり再起の可能性が出てきます。札幌でも多くの人が任意売却により再起を果たしています。任意売却を行うときは債権者の同意が必要になってきますが、競売を申し立てられた後では債権者は耳もかさない状態になってくるため、中に誰かを仲介して任意売却を進めることになります。札幌ではこうなった時の任意売却を進める業者があり競売の手続きが進行中でも任意売却を実行する人がいます。豊富な実例を持っている優秀な業者も多くあり、競売で家を売却することになってしまった人の心強い存在となっています。札幌でも多くの人がこのような専門業者を利用して任意売却を行っています。